審美歯科│川崎市高津区、武蔵溝ノ口で歯周病・インプラント治療に取り組む歯医者「溝の口おくだ歯科クリニック」

WEB予約は24時間受付しています。

お電話でのお問い合わせはこちら

044-740-9944

※当院にかかられたことのある方はお電話にてお願い致します。

WEB予約は24時間受付しています。

※当院にかかられたことのある方はお電話にてお願い致します。

ESTHETIC審美歯科

サロン感覚でのホワイトニングなど
美しい口元をもっと気軽に

審美歯科とは

審美歯科では、虫歯治療などの歯の機能面と見た目の美しさの審美面、両方を大切に歯の問題を解決する治療を行ないます。
「銀歯が目立つので口を開けて笑うのに抵抗がある」「歯の黄色みが気になるので手で隠している」など、口元の悩みをコンプレックスにされている方は少なくありません。コミュニケーションが重視される現代において、こうした不安は日々蓄積するストレスです。
審美治療でコンプレックスとストレスを解消し、口元に自信を取り戻すことは、生活の質を向上させて全身の健康にもつながるものです。
当院では、まず患者さまのお悩みやご希望をじっくりカウンセリングで伺います。
カウンセリング後に口内の検査をして、虫歯や歯周病、噛み合わせの異常がないかチェックをします。これらの疾患が見つかった場合は先にその治療を行ない、その後で審美的な治療を開始します。

セラミック治療

セラミック治療 歯科のセラミックとは、白い陶器で作られた被せものや差し歯のことです。銀歯と違って天然歯に近い透き通るような色味を再現することができ、金属アレルギーの心配もありません。硬度が高く丈夫な素材です。
またプラークがつきにくいという特長があり、歯周病のリスクも低減できます。
保険外診療のため費用はかかりますが、保険診療で扱う金属やレジン(歯科用プラスチック)といった材料より劣化しにくく、見た目・機能性・耐久性に優れた治療です。

セラミック治療の種類

  • 詰めもの(インレー) 詰めもの(インレー) インレーとは、虫歯の治療などで歯を削った部分に入れる詰めもののことです。一般的には金属かレジンを詰めますが、歯の色味と合わないので目立ってしまいます。また、金属は膨張や収縮をするため中のセメント(接着材)が溶解しやすく、二次虫歯になるリスクも上がります。セラミックは患者さまの歯の色に調整して作るので、天然歯と見分けがつかないほど自然な色味に仕上がります。
    設置するときには残っている歯に接着して一体化させるので、細菌が侵入する隙間を作らず、虫歯になりにくいというメリットもあります。
  • 被せもの(クラウン) 被せもの(クラウン) 大きな虫歯や歯が欠けてしまった場合には、歯冠部に被せものをします。天然歯に近い見た目が得られるうえ、セラミックの被せものはプラークがつきにくく虫歯になりにくいという特徴があります。内部に金属を用いて、表面にセラミックを焼き付けたメタルボンドや、内部も表面もすべてセラミック製のオールセラミックなどいくつかの種類があり、費用などが異なります。
    クラウンを用いて、部分的に歯並びを矯正することもできます。
  • ラミネートベニア ラミネートベニア ラミネートベニアとは、セラミックの薄い歯です。爪のネイルチップのように、歯の表面に貼り付けます。色味が美しいだけでなく、すきっ歯と呼ばれる空隙歯列や、変形した歯などの治療にも対応できます。
    治療の際には歯の表面を0.5mm程度削って、ラミネートベニアを貼りつけます。大きく歯を削ることはないので痛みは少なく、麻酔も必要ありません。2〜3回の通院で複数の歯を治療することができます。

セラミックの素材

  • オールセラミック オールセラミック 金属を使用せず被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で出来ているものを、オールセラミックといいます。天然歯に近い見た目で、透明感と発色性に優れた素材です。
    金属を一切使用しないため、金属成分が溶け出して歯肉を黒っぽく変色させるリスクもありません。耐久性もある程度ありますが、噛む力が強い方や歯ぎしりがある方には不向きで割れるリスクもあります。ブリッジには使えません。
  • ジルコニアセラミック ジルコニアセラミック 人工ダイヤモンドのジルコニアのベースに、セラミックを焼きつけて作ります。最も審美的で前歯に適しています。ブリッジにも使えます。
  • フルジルコニア フルジルコニア 100%ジルコニアで出来ており、強度に優れています。噛む力が強い人でも割れたり欠けたりするリスクが低く奥歯に適しています。ただし、透明感がないので審美性は劣ります。ブリッジにも使えます。
  • メタルボンド メタルボンド 金属のベースにセラミックを焼きつけて作る、従来広く用いられてきた方法です。特殊な加工で金属を見えにくくしています。セラミックの強度が不足していた頃の技術ですが、現在でも噛む力が大きくかかる奥歯などには適した方法です。

ホワイトニング

ホワイトニングは日々の歯磨きや、歯科でのクリーニングでは難しい着色を落とすものです。
一般的に「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」という2つの方法があります。
当院ではこの両方の特長を活かした「セミセルフホワイトニング」を実施しています。

  • オフィスホワイトニング オフィスホワイトニング 歯科医院で施術する方法です。
    歯の色素を分解する過酸化水素を主成分とした薬剤を歯に塗り、LEDライトを照射します。施術は1回につき30分〜1時間程度で、1〜3回ほど行ないます。
    強い薬剤を用いて歯科医が行なうので、効果がすぐに現れやすいというメリットがあります。
    一方で元の色に後戻りしやすいので、美しさをキープするためには美容室に通う感覚で、定期的に受けていただく必要があります。
  • ホームホワイトニング ホームホワイトニング ご自宅で患者さまご自身で行なう方法です。
    まず患者さまの歯型からオーダーメイドのマウスピースを作り、そこに過酸化尿素を主成分とした薬剤を入れて、毎日一定時間歯に装着していただきます。
    弱い薬剤でじっくり少しずつ白くしていくので、効果を実感するまでに時間はかかりますが、元の色に戻りにくいというメリットがあります。

当院のホワイトニング治療

  • 当院ではオフィスホワイトニングの気軽さと、ホームホワイトニングの確実性を取り入れた「セミセルフホワイトニング」を実施しています。
    治療は当院のカウンセリングルームや待合室で行ないます。LEDライトは使用せず、マウスピース型に薬剤を入れて歯に装着していただきます。所要時間は1回につき30分程度です。
    ホワイトニングサロンをご利用される感覚で、まずはお気軽にご相談ください。

歯肉の治療

  • 当院のホワイトニング治療 ガムピーリング ガムピーリングとは歯肉の色をきれいにする、いわば歯肉のホワイトニングのことです。
    普段の食事や喫煙などが原因で、自然と歯肉が黒ずんだ見た目になることがあります。日焼けなどと同じくメラニン色素が沈着して起こる現象です。
    ガムピーリングで歯肉に薬品を塗ると、黒ずんだ薄皮がはがれ再生が促されます。歯肉が健康的なピンク色に戻って、歯も白く見えるという効果があります。