根管治療│川崎市高津区、武蔵溝ノ口で歯周病・インプラント治療に取り組む歯医者「溝の口おくだ歯科クリニック」

WEB予約は24時間受付しています。

お電話でのお問い合わせはこちら

044-740-9944

※当院にかかられたことのある方はお電話にてお願い致します。

WEB予約は24時間受付しています。

※当院にかかられたことのある方はお電話にてお願い致します。

ROOT根管治療

ラバーダム防湿など
厳しい基準を満たした
安全性の高い精密な根管治療

根管治療とは

根管とは、歯の内部で歯髄(神経や血管)がある部分のことです。
虫歯が進行して根管にまで炎症がおよんでいる場合、汚染された象牙質や細菌に感染した歯髄を取り除いて、根管を洗浄・消毒する必要があります。これを根管治療といいます。
歯の内部の治療なので歯内治療ともよばれ、俗に「歯の神経を抜く」といわれる処置は、この治療のことです。

根管治療を行なうと、炎症や激しい痛みが治まりますが、歯に栄養を送っていた歯髄を取るので、歯が脆くなったり変色してしまったりすることがあります。このため当院ではできる限り歯髄を残す治療を優先し、根管治療が最善の場合のみ採用しています。

ラバーダム防湿について

まずは歯を抜かない治療が第一

まずは歯を抜かない治療が第一

根管治療において最も大切なことは、無菌状態にすることです。 感染した歯髄を取り除いたあとは、消毒して穴を埋めなくてはなりませんが、根管は細くて歯によっては複雑な構造になっているので、汚れが残りやすいという問題があります。根管は歯の根の先から顎の骨にまでつながっていて、きちんと消毒できないと表面からはわからない深部で再び炎症が起こってしまいます。 根管治療の最中に、患部に唾液が流入してしまうだけで、唾液に含まれる口内細菌も侵入します。歯根に入り込んだ細菌はすぐには炎症を起こさず、数ヵ月から数年後に再発するリスクがあります。

こうした炎症再発を防ぐために、当院では「ラバーダム防湿」を採用しています。 根管治療する歯以外の部分を、ラバーダムシートという薄いゴムのシートで覆うことで、唾液を侵入させず細菌感染を防ぐことができる治療方法です。

アメリカやスウェーデンなど世界の多くの国々では、このラバーダム防湿を施した根管治療が行なわれていますが、日本では保険適用外の治療です。そのため日本で導入しているのは歯科大学附属病院やごく一部の歯科医院などに限られ、残念ながらあまり普及していないのが現状です。

当院では治療後も歯を長く健康に維持するために、ラバーダム防湿を用いた安全で衛生的な世界基準の根管治療を行ないます。

鼻呼吸が難しい方や口を開けているのがつらい方、また患部の状態によって適さないケースもあるので、事前に詳しい説明をさせていただきます。